医学生がなんとなく作ったブログ

医学生がなんとなく思ったことや近況報告を垂れ流しにする予定です(笑)

弓道は腰痛に効く!?

どうも、たけはちです。

今日は2週間ぶりに弓道部の部活がありました。とは言っても今はオフシーズンなので部員全員に何時からやるよーって連絡が来てるだけで参加も不参加も自由という半自主練みたいなものです。

しかし、たけはちにとってはコーチに射型を見てもらえる貴重なチャンス!当然毎回参加しています。

折角なので、今日コーチや先輩に指導された内容をここにメモしておきます。

  • 会での伸び合いが左右不均等になっている。
  • 全体的に動作が小さくなっている。
  • 打起しが低くて遠い。
  • 離れの妻手の力の方向がおかしい。

弓道の技術に関してはこのようなことを言われました。さらに姿勢について、

  • 腹と尻に力を入れて。
  • 胸を張って。
  • 顎を引いて。

などなど。

さて、なんで姿勢について言及されたものだけ別に分けたのかといいますと、これらがすべて一昨日に整形外科で言われたことと同じだからなんです。

一昨日に整形外科で腰痛を改善する・防ぐための姿勢として言われたのが、

  • お腹に力を入れる。
  • 胸を張る。
  • 顎を引く。
  • 上に伸びるように背筋を伸ばす。
  • お尻をすぼめる。
  • 膝を軽く曲げる。

だったんですね。

f:id:bambooisland:20180208233956j:plain

整形外科の受付脇に置いてあったパンフレットにも似たような説明が。

この中で「膝を軽く曲げる」は弓道にはありませんが、「上に伸びるように背筋を伸ばす」は弓道でも言われています。
弓道には三十文字という考え方があり、これは足・腰・方と体の軸との間で作られる十文字を意識しようという考えなのですが、その土台となる考えの一つが、弓道は左右だけに伸び合うのではなく、天地にも伸び合うというものです。これはつまり「上に伸びるように背筋を伸ばす」ということです。

 

まあ、弓道なんて何も考えなくても良い姿勢が取れるという前提で行うものであり、腰痛は良い姿勢によって防ぐことができるものなのですから当然と言えば当然なんですけどね。

つまりタイトルの「弓道は腰痛に効く!?」は正確には「きちんとした弓道は腰痛を防ぐ」が正解だったわけですね。

というわけで、一昨日に技師さんに教えていただいた腰痛を防ぐためのストレッチ・筋トレも弓道に役立つはずです!そう思ったら俄然やる気が出てきましたよ!(笑)

これからは弓道のためにも腰のためにも良い姿勢を心がけていこうと思ったたけはちであったとさ。

それでは!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

↑クリックして貰えると喜びます。色々な医大生のブログが見れますよ!