医学生がなんとなく作ったブログ

医学生がなんとなく思ったことや近況報告を垂れ流しにする予定です(笑)

弓道の昇段審査を受審してきた

どうも、たけはちです。

今日は弓道の昇段審査を受けてきました!なので今日は弓道の段位・級位などの解説をしたいと思います。

弓道の段・級位とは

弓道には段位は十段から初段までの10段階、級位は一級から五級までの5段階があります。

ちなみに各段・級位の基準は規程に書かれています。

段・級位を受ける資格の基準は、次に掲げるとおりとする。


十段
九段 弓道の真体に透徹した者
八段 技能円熟、射品高雅、射芸の妙を体得した者
七段 射形・射術・体配自から備わり、射品高く、錬達の域に達した者
六段 射形・射術・体配共に優秀にして射品高く、精錬の功顕著な者
五段 射形・射術・体配共に法に適って射品現われ、精励の功特に認められる者
四段 射形定まり、体配落着き、気息正しく、射術の運用法に適い、離れ鋭く、的中確実の域に達した者
参段 射形定まり、体配落着き、気息整って、射術の運用法に従い、矢飛び直く、的中やや確実な者
弐段 射型・体配共に整い、射術の運用に気力充実し、矢所の乱れぬ者
初段 射型・体配型に適って、矢所の乱れぬ程度に達した者
一級 射型・体配概ね正しいものと認められる者
二級 修練の程度三級に比して著しく進歩を認められる者
三級 射の基本動作及び弓矢の扱い方がやや整い、秩序ある指導の下に修練を経たと認められる者
四級 秩序ある指導を受けており、弓矢の扱い方に進歩があると認められる者
五級 弓道修練の初歩的階層にある者 

 たけはち的には十段が空白なのがとても気になりますね。(笑)

 というか十段の審査って誰が審査員になるんだろう……。

 

審査会の種類

審査会には中央審査会、外国審査会、連合審査会、地方審査会の4種類があり、たけはちが今日受審したのは最後の地方審査会です。

地方審査会では4段以下の審査が行われます。

 

無指定の部とは。初段の部との違いは?

さて、たけはちが今日受審した審査は地方審査会の「無指定の部」でした。

いきなり知らないワードが出てきましたね?

そう、普通の審査は二段であれば「二段の部」を、三段であれば「三段の部」で受審します。しかしたけはちのように段位も級位もまったく持っていない人は「無指定の部」を受けることになります。

「無指定の部」を受けると成績によって級位または初段が与えられます。つまりまったく段位や級位を持っていなくても成績が良ければ級位を飛ばして初段の認定を受けることも可能なわけですね。

「初段の部」は一級を持っている人が初段に昇段するための審査です。つまり一級を持っていないと受けられません。 

 

「無指定の部」は行射審査と学科審査から成り、行射審査はいわゆる実技試験、学科審査はいわゆる筆記試験ですね。

ちなみに学科審査は公平性を期すために出題問題候補が公開されています。

  1. 射法八節を順に列記し、簡単に説明しなさい。
  2. 「基本の姿勢(4つ)」と「基本の動作(8つ)」を列記しなさい。
  3. 「執弓の姿勢」について説明しなさい。
  4. 射法八節の「足踏み」について述べなさい。
  5. 弓道を始めた動機(きっかけ)について述べなさい。
  6. 弓道を通じてどのようなことを学びたいと思いますか。
  7. 弓道を学んで良かったと思うことを述べなさい。
  8. あなたは危険防止のためにどんなことに注意していますか。

「無指定の部」と「初段の部」ではこの中の上4問から1問、下4問から1問の計2問が出題されます。

 

たけはちの審査当日の一日

6:00。起床。支度をして家を出て大学へ。大学で弓や矢などの必要なものを回収していざ明治神宮にある全日本弓道連盟中央道場へ。

f:id:bambooisland:20180212194447j:plain

9:00。開会式。その後矢渡し。矢渡しというのは責任者の方が「ここの道場や的にはなんの仕掛けも無いので、普通に引けばちゃんと当たりますよ」というアピールをするもので、まあオープニングセレモニーのようなものです。(少し違うけど)

9:30。控えへ。控えと言っても射場のすぐ裏なのでとても寒かったです。カイロを持っていくべきだった……。

9:50。行射審査。自分の番の行射自体は10分程度。緊張しすぎて色々とやらかしました。的に近づきすぎて審査員の方から「もう少し下がって」って言われたり。(笑)

14:40。学科審査。しっかり勉強したのでこっちの手応えは良かったです。ちなみに問題は「射法八節を順に列記し、簡単に説明しなさい。」と「弓道を始めた動機(きっかけ)について述べなさい。」の2問でした。

16:20。合格発表。初段受かったー!!!

f:id:bambooisland:20180212200115j:plain

個人情報に色々気を使った結果、本当にたけはちが初段に受かったのか凄く怪しい感じになってしまったけど、無事に初段を授かることができました。

この発表のあと登録料などを支払って終了!

このスケジュールを見たらおわかりだとは思いますが、めちゃくちゃ暇なんですね。もう友人とお菓子広げて雑談してたせいで今日一日で凄い量のお菓子を食べてしまった……。

一応暇な時間は学科審査の勉強などはしていましたよ!

たけはちは弓道初心者におすすめしているこの本で勉強しました。

行射審査の体配や流れが図説してあり、とても分かりやすいです。さらに学科審査で問われる基本の基本に関しても写真付きで解説されているのですんなり頭に入ります。

文字だけだと分かりづらい「腰かけた姿勢」と「座った姿勢」の違いも写真付きならバッチリです!

 

まとめ

弓道の段位・級位の解説と今日の日記の入り混じった不思議な記事となりましたが、何はともあれとりあえず弓道初段になることができました。

行射審査はところどころミスもしましたが、まだ初段ということで完璧は求められていないという感じでしょうか。これから先に二段を受けるかは未定ですが、二段を受けるにしても受けないにしても、正しく綺麗な所作は身につけたいものです。

それでは!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

↑クリックして貰えると喜びます。色々な弓道家、医大生のブログが見れますよ!

 

参考・引用